| main | 新しいおひつ・飯切り・桶。 >>

スポンサーサイト

  • 2016.10.20 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


おひつの扱い方


「司製樽さんのおひつ」をお買い上げ頂いた後、
最初にする事は「アク抜き」です。
木の香りやヤニが気になる方には、おすすめしています。





















・おひつ全体を水洗いします。



・おひつ本体及び蓋に水を張ります。
 その水に酢を大さじ4杯加え、混ぜます。(蓋には、大さじ1杯。)
 その状態で、1〜2時間浸します。



・浸した後流水で洗い、乾いた布巾で水気を拭き取り
 逆さにして乾かします。








使用上の注意
 十分な洗浄と乾燥が、おひつを長く使い続けられる秘訣です。

・使用後は水やぬるま湯で洗って下さい。
・御飯粒等が残っているとカビが発生する原因となりますので、
   綺麗に落として下さい。
 柔らかいスポンジやシュロで出来た棒タワシ等をお使い下さい。
・洗った後はふきん等乾いた布で水分を拭き取り、
   風通しの良い日陰で乾かして下さい。
・乾燥が不十分ですと、カビや黒ずみが発生する場合があります。
・直射日光を当てると木が収縮し、「たが落ち」や割れ等が発生します。
 直射日光には当てないで下さい。
・木が傷みますので、食洗機は使わないで下さい。
・電子レンジで乾燥させると、たが(銅)から火花が出ますので危険です。
 電子レンジを使っての乾燥は、絶対にしないで下さい。

ヤニについて
 木の表面に染み出ている脂分は、ヤニ(樹脂)です。
 ヤニを多く含む木曽さわらは水に強く耐久性があり、抗菌効果もあります。
 木の天然成分ですので、人体には無害です。

修理について
 おひつを長く続けてお使い頂ける様、不具合が発生した場合
 修理致します。
 たがの締め直し、底板や蓋板のゆるみ修理、
 カビや黒ずみの研磨等各種御見積致しますので、
 お買い上げ頂いたお店や別記販売元まで、お問い合わせ下さい。













スポンサーサイト

  • 2016.10.20 Thursday
  • -
  • 12:29
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック